FC2ブログ
仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
2010年07月26日 (月) | 編集 |
7月は、ナニゲに仕事が忙しい時期なんですよ。
なのでブログの記事も お昼の記事に偏りガチなわけです。え?いっつもそーだって?

んで、そろそろネタも尽きたんで(笑)、チャレンジ系に挑戦しに来たんですよ。(体張ってるねぇww)
 
仙台の街なかでチャレンジ系のメニューがわんさか有る店といえばコチラです。。(普通のメニューも有るよww)
 

0107pekin01.jpg 
ビルの裏口のようなトコロから、妖しげなエレベーターで地下へ。

0107pekin02.jpg 

THE『北京餃子』
みちのくのファッションビルのさきがけ、仙台フォーラス地下に、こんな大食いの巣窟のようなワンダーランドが有るのは面白いミスマッチです。


0107pekin04.jpg 
店のガラスやらいろんな所に、手書きの宣伝ポスターが貼ってあるのです。
眺めているとやたら面白いのです。


0107pekin03.jpg 
ですので、見れば見るほど食べる物が決まらないのです
若いうちはいっぱい悩め、若者よ。オジサンは(会社で)決めてから来たよww



0107pekin05.jpg 
なので悪いけど先に食券買わせてね(笑)


0107pekin06.jpg 
悩める若者は、メニューを決めてから、この食券販売機の膨大なボタンの数驚き、そして恐怖する。



ちなみにワタシがチャレンジしにきたメニューってのはコチラっす

0107pekin00.jpg 
衝撃!ってそんな(笑)オーバーなww
中華つけ麺 490円です。値段から見てそんな大したモンじゃないですよね。
足りないときのために、90円の餃子も頼んでおきましょう。



0107pekin07.jpg
0107pekin08.jpg 
相変わらず盛況な店内。
面白い店だというので、仲間と連れ立って偵察しに来た風の若者の集団がいます。
一人客はみんな何度も来てる人らしく、モクモクとタダひたすら食べています。

待つこと5分くらいで、ワタシの食券の番号が呼ばれました。


中華系のおねいさんが、抑揚の無い声でかったるそうにマイクで

「64番、中華つけ麺のお客さん~」

(んがー。餃子と一緒には呼んでくれなかったのかぁ。せっかくなら一緒にしてくれよー。)

次の瞬間  bu.jpg



0107pekin09.jpg
0107pekin10.jpg 

なんじゃこりゃぁぁーーーーーs-najya_20100725103148.jpg
、、どんぶりに山盛りーーーぃ!


これに、、、餃子まで・・・・・gabi.gif やっちまった・・・・・。

0107pekin11.jpg 
『中華つけ麺 490円』 & 『餃子 90円』
隣のお客が、やっちまった風でデジカメを構えるワタシを不思議そうに眺めています
くそぅ。絶対、喰ってやる。


0107pekin12.jpg 
魚粉と、天かすが付属して来ました。魚粉を付けるとはイマフウじゃないの。


0107pekin13.jpg 
先日、ザーサイ麺を頂いた時(コチラ)に感じたのですが、この極太の麺、なかなか美味しいのです。
ものすごくコシが有るので、アゴがとても疲れますけども。

0107pekin14.jpg 
つけダレの中には、キクラゲ、鶏肉、メンマなんかが沈んでいて、これもまたイマフウ。
ナカナカやるなぁ北京餃子・・・


麺は冷たいんですけども、つけダレはものすごく熱いです。いわゆるヒヤアツ
つけダレは、麺を入れてもなかなか温くはなってくれません。すんげぇ熱いつけ麺です。
外の気温が34度とかの日に食べるんじゃなかったっす(泣)


食べても食べても、麺が減らなくなってきました。
箸で一回に掴む麺の本数も、どんどん少なくなってきました


だんだん、気持ち悪くなってきました。やヴぁい状態です。

さっき、隣でワタシの事を眺めていたオンツァンワタシと同じ中華つけ麺でしたww
すんげぇ速さで、もぅ食べ終わりそうです


っと、ココで さらにヤバイことに気付きました。お昼休み中に会社に戻れなくなりつつあります(爆)


餃子もまだ2個しか喰ってないし、このままじゃぁ餃子とつけ麺と、共倒れだぁぁぁっ


どーするワタシ。。

0107pekin15.jpg 

餃子だけ完食して、この辺でギブアップ。。。。
すみません。今度は身の程を考えて注文します。・・・次なる挑戦を誓い、急いで店を後にしました。


0107pekin16.jpg 
北京餃子
営業時間 : 11:00~21:00
年中無休




FC2ランキングの方もどうぞ投票お願いします♪

 

 

仙台ブログランキングに参加しています。ポチッと一票お願いします。。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
繊細なB型のanegoさんへ
いやー、、こっちこそ申し訳ありませんね。どっちが熱いか錯乱したまま記事を書いてしまって(笑)

B型にも、RH-とか何か、違いが有るんです。キット(^_^)v
2010/07/27(火) 19:51:14 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
やっと理解した
風写さんのコメントの意味がサッパリ理解できず
ナンノコッチャと思ってたんですが、ようやく理解しました。
しかも、メニューにちゃんと
「冷たい中華麺を温かい和風のつけダレで」って書いてあるし。
失礼しましたーー ^^;
2010/07/27(火) 19:00:36 | URL | B型のanego #-[ 編集]
かつさんへ
かつさん おはようございます♪

時間に余裕が有れば、ズルズルと喰い続けて、もしかすると完食したかもしれません。
でも、気持ち悪くなって事件が起きたかも知れません(笑)

いきなりハイレベルな挑戦でしたので、次は中級編を狙いますww
2010/07/27(火) 06:15:12 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
風写兄ぃへ
ひやあつ、なべあつ、あつひや、あつもり?

anegoさんは全く間違っていないのですが、ワタシが基本的に大きな間違いをしてまして、実はテキストを直しました(^_^;)逆に書いててさww

毎度、お恥ずかしい♪

あれってやっぱし、2人とかで食べる量です。隣のオッサンは食べてたけど(笑)
2010/07/27(火) 06:09:42 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
おきらくさんへ
おきらくさん、ワタシもおきらくさんよりちょこっと多めに食べられる普通人です(笑)
ちょっとコレは無謀なチャレンジでした(^_^;)

ホントに値段からボリュームを想像すると痛い目を見るお店ですww
2010/07/27(火) 06:06:24 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
一キロ‼
こんばんは

凄い量ですね。一キロ‼

完食する時間が無かったのが残念でしたね。

次回がんばです
2010/07/26(月) 21:52:23 | URL | かつ #-[ 編集]
無理でしょう
1kgはすごいですね
食べようとする人もすごい

ところで、ぱんだ(親)さん,anegoさん
ヒヤアツと、ひやあつ
同じじゃないの?
2010/07/26(月) 16:28:02 | URL | 風写 #ssipyxQM[ 編集]
ワタシの胃袋はせいぜい400gでリミッターが効いちゃいます(笑)
1kgだと普通の中華そばで考えれば8杯分(@_@)
そのチャレンジ精神に感服っす☆
しかし安いっすねー?
2010/07/26(月) 12:56:25 | URL | おきらく #-[ 編集]
トーレスさんへ
トーレスさん いつもありがとうございます♪
連日暑いですねぇ(@_@;)石巻は海が近くていいな。網地島も田代島もあって。

ワタシもそろそろ仕事が一段落したので、こんな体を張ったレポートじゃなく、通常な記事に戻りたいと思います(笑)

トーレスさんの爆食友達もご一緒にぜひ、北京餃子へ!
2010/07/26(月) 12:47:27 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
anegoさんへ
anegoさん お暑うございます♪
ネコの皆さんも元気?ぱんだおじさんからアイスキャンディーでも差し入れたい気持ちです(*^_^*)

いつものネタだろーって、信じてもらえないかも知れませんが、今回は食べられると思って注文したんですけどねぇ(笑)

大体にして、「麺量 1kg」て言われても、想像出来ないからさーww

そーそー。ひやあつなら(きっと)!ワタシに弁明のチャンスを!(笑)
2010/07/26(月) 12:42:58 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
やっちゃいましたねー
おはよーございます。
朝一番に笑わせていただきましたよ。アハハ・・・
でも「キロ」サイズって別格ですよね。
これまで、
ビリーで特盛600g
九兵衛でメガ盛700g
を喰らうのを・・・隣で見てましたが(大笑)
ハンバーグで1キロはありましたなぁ~

北京餃子さん!すんごいですなぁー
2010/07/26(月) 06:22:53 | URL | トーレス最高 #-[ 編集]
うひゃひゃひゃ
おはよーさんです。
餃子プラス大丈夫かよ、と思って読んだら結末でプププ^m^
これ、逆に“ひやあつ”だったら結構イケたんじゃない?
2010/07/26(月) 06:11:08 | URL | anego #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック