FC2ブログ
仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
2010年06月06日 (日) | 編集 |
東北大学医学部・病院の裏手、北八番町から北山にかけては、江戸時代から続く寺院が多い一帯です。
コチラの方面は、以前から探検してみたいと思っているんですが、なかなかうまいこと実現しません(^_^.)

少し前になりますが、半子町(子平町)の藤を見に行った(以前の記事)際に立ち寄った、お寺さんの記事の蔵出しです。


1006mansyoji01.jpg
當午山 満勝寺地図
禅宗の一派、臨済宗のお寺です。お寺のHPはコチラ


 1006mansyoji02.jpg
このお寺さんは、他のお寺よりももっと伊達家との繋がりが深いお寺のようです。
伊達氏初代、朝宗の菩提寺で、位牌が祀られているそうです。

1006mansyoji03.jpg
山門前の石碑は、注意書きが彫りこんであります。 禅宗のお寺には多いそうですが、「不許薫酒入山門」とあります。
「葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず」と読んで、葷(臭気をもつ野菜類=精がつく)を食べたり、酒を飲んだりした人は寺に入るな、ということだそうです。
山門の内側は修行の場だから、その妨げになるということだそうで。

あの、ワタシ、入ってもよろしいでしょうか・・・(笑) 

 
1006mansyoji04.jpg 
満勝寺は、鎌倉期の弘安六年に伊達氏四世政依により、現在の福島県桑折町に開創されたそうです。
伊達氏はもともと、陸奥国伊達郡(現在の福島県)の領主だったんですよね。

1006mansyoji05.jpg
見事な松が立ち並ぶ参道。木々の緑がいちばん映える季節です。

 
1006mansyoji06.jpg 
江戸時代になって、伊達政宗(十七世)が仙台城築城後の元和三年(1617年)に北山に小庵を建立し、満勝庵と称しました。
その後、寛文七年(1667年)、伊達綱村(二十世)によって現在の地を賜って、移転したのだそうです。


1006mansyoji07.jpg
本堂の前に、これまた立派な松の木が立っていました。



 1006mansyoji08.jpg 
重厚な木造の本堂。ワタシ以外に、人の気配も無く、荘厳と佇んでいます。
こんなときは、ワタシもナニゲに息をひそめちゃうのです(笑)

1006mansyoji09.jpg 
本堂軒下の扁額には『無畏』とあります。武家の首領を祀ったお寺らしい言葉です。
1006mansyoji10.jpg 
本堂の脇には、清々とした建築の庫裏がありました。


1006mansyoji11.jpg 

参道脇には、小さいけれど見事な竹林があります。
都心に有って、小さい空間に見事に自然を凝縮した、見事な風情を感じることが出来るお寺さんです。

1006mansyoji12.jpg 
當午山 満勝寺(臨済宗)




FC2ランキングの方もどうぞ投票お願いします♪

 

 

仙台ブログランキングに参加しています。ポチッと一票お願いします。。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック