FC2ブログ
仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
2009年08月22日 (土) | 編集 |
仙台駅東口、新寺連坊などは、伊達の殿様が計画的に街並みを構築するなかで、お城から見て鬼門であった方向に、お寺さんを集めました。
殿様のおかげで、都心とは思えないような自然が、今でもしっかり残されています。 ちょくちょく、お昼休みにそうした素敵なお寺さんを巡って紹介しています。
本文はいろんな本やHPなんかで調べた事を書いてますが、専門家じゃぁ無いので、あまり正確でありません(^_^;)

今日ご紹介するお寺は、自然の残った素敵なお寺さんと言えるかどうかは微妙ですかおまるご容赦くださいネ。

東口から荒町方面へ。
連坊小路を渡って、志のぶ本店(以前の記事)のある一方通行の道沿いにあるコチラのお寺。

0908jyonenji01.jpg

一向山 常念寺さんです(地図)。

常に念じるんだからすごいっすよねかおまる
浄土宗のお寺です。江戸 寛永2年(1625)の開山だそうです。


小さいながらも趣のあるこの山門は、元々は市内小田原高松の万寿寺の門として建造されたものを、明治11年、困窮した万寿寺から購入し、移築したものだそうです。
門を売るっつーのもアレですね。よっぽどお困りだったんでしょうね困りパンダ

0908jyonenji02.jpg
常念寺は、北六番丁の清浄光院、榴岡の願行寺(以前の記事)とともに、仙台三回向寺とされています。
3年毎の5月13・14日には3つの寺が1度ずつ交替で大回向を開き、有無両縁仏の供養を行う大念仏供養が行われることになっています。


0908jyonenji03.jpg


本堂は、コノ通りなんだかお城みたいになってます。江戸 文政4年(1821)に薩摩藩の佐久間五郎左衛門の寄進によって建立されたものだそうです。
文政4年というと、文政8年(1825)に異国船打払令が出され、鎖国制度がほころび始めた頃。
コノ頃の建物としてはずいぶん新しく見えます。きっと丁寧にメンテナンスしてるんでしょう。

0908jyonenji04.jpg

0908jyonenji05.jpg


敷地の中には墓地がありますが、他に見るものも特に無い、都心のお寺さんです。。



0908jyonenji06.jpg
一向山 常念寺
浄土宗     仙台三大回向寺の一つ

 



FC2ランキングの方もどうぞ投票お願いします♪

 

 

仙台ブログランキングに参加しています。ポチッと一票お願いします。。



関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック