仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年05月28日 (木) | 編集 |
1505ippongi001.jpg

愛子方面へのラーチケ遠征、『麵屋 喜多郎』に続いて訪れた2軒目はコチラ。。

札幌ラーメンで有名な『一利起』(以前の訪問記はコチラ)の隣、この間まで『横浜家系 わが家』だったトコロ。
『わが家』は泉に移ったと聞いていましたが、後に系列店が入居した格好なのかな。



1505ippongi002.jpg

『地鶏中華そば 一本義』
ラーチケの解説によると、宮崎県産の地頭鶏と茨城県のシャモを使った鶏系Wスープの店なのだそうです。


1505ippongi003.jpg

さすがに隣の店との競合は避けるようで、味噌は置いてないみたぃですねww


1505ippongi004.jpg

ランチで提供される100円丼、ナカナカ魅力的です


1505ippongi005.jpg

泉インターそばに移転した『わが家』は系列店だそうです。
結局入った事無いまま移転してしまぃましたケド


1505ippongi006.jpg

この店のラーチケ出品メニューはなんとまさかレモンらーめん。。
他の店で食べた事が有るお気に入りメニューですが、やっぱ他でも出してるトコ有るのねって感じです。。



1505ippongi007.jpg

接客が丁寧だし、オペレーションも良く、雰囲気の良い店ですね。
結構混み合う時間帯でしたが、さほど待たされる事無く着丼しました。。


1505ippongi008.jpg

「レモンらーめん(塩・細麺) 799円⇒500円」


レモンがドンブリを覆っていた某店とは違い、あくまで添え物として乗っかっています。
麺量が少ないのかチャーシューが大きいのか、麺が見えない感じです。ビジュアル的には微妙です



1505ippongi009.jpg

麺を引っ張り出してみますと、何だか冷麺みたぃな麺です。
ツルツル食感で食べやすいのですが、あっさりしたスープにはアンマッチと感じました。


1505ippongi010.jpg

デカイチャーシューが壮絶に浮く感じ。これは正直ちょっと持て余しました

地鶏をウリにするんだから鶏チャーシューとかじゃダメなのかな?とか余計なお世話が浮かびました。。


ともあれ、愛子方面はラーメン屋さんが多くて面白いエリアです



1505ippongi011.jpg

地鶏中華そば 一本義



仙台宮城県2つのブログランキングに参加しています。
どちらにもポチッと投票いただけると嬉しいです。。


 

    

皆さんの投票、いつもどうもありがとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。