仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年03月26日 (木) | 編集 |
1503tenmangu001.jpg

先週あたりから続々との開花のニュースが聞こえて来ていますね。東京でも開花したとか。
仙台は例年通り4月の7日あたり、テレビ局によっては5日なんて言っているのも有るようです。


1503tenmangu002.jpg

榴岡天満宮
昼休み、桜はまだならはどうだろうと見に来ました。



1503tenmangu003.jpg

榴岡天満宮は、もともとは仙台東照宮の境内にあった天神社(天満宮のこと)を、1667年(寛文7年)に仙台藩第3代藩主・伊達綱宗が、この辺で最も標高が高い場所に遷宮して榴岡天満宮としたものだそうです。


1503tenmangu004.jpg

境内には何本か梅の木が有ります。
菅原道真公が梅を愛し、庭の梅の木に和歌を詠んだらその梅が大宰府に飛んでいったというのが飛梅伝説
これらの梅はそぅした逸話もあって植えられたものでしょう。


1503tenmangu005.jpg

受験シーズンの直前などは学問の神様にすがろうという人で混み合う境内ですが、さすがに今は静かです。
ワタシのように梅を見に来てる人が他にもいました。


1503tenmangu006.jpg

「撫で牛」というんだそうです。なんでココに牛が?
由緒書きによると、菅原道真公は牛に縁がある人だったので、天満宮には牛が付き物なのよという事です。
何だか分かったような分からないよーな・・・ww



1503tenmangu007.jpg


1503tenmangu008.jpg

合格の輪と呼ばれているそうです。。



1503tenmangu009.jpg

我が家の庭の梅はまだまだ咲く気配が有りませんが、日当たり良好な天満宮の梅は満開です。


1503tenmangu010.jpg


1503tenmangu011.jpg

桜もいっせいに咲きだすと圧倒的な美しさですが、梅も一輪一輪は繊細なのに、まとまると息をのむ迫力です。。


1503tenmangu012.jpg

三寒四温一進一退冬と春の攻防が続いていますが、木々は確実にへ近づいています。




仙台宮城県2つのブログランキングに参加しています。
どちらにもポチッと投票いただけると嬉しいです。。


 

    

皆さんの投票、いつもどうもありがとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。