仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年12月16日 (火) | 編集 |
師走の街。どこへ行っても忙しそうです。
そろそろ忘年会シーズンで、大抵二日酔いの体調なワタシ(笑)


体調がこんなだとラーメンに行っちゃうのでランチパスポート活動もサボリがち。

1412busyu001.jpg

南町通りの泰陽楼の、角を曲がった隣には秘境と言われる中華そば屋が有ります。。

1412busyu002.jpg


『中華そば 武州』
この暖簾が掛っている時が営業中の知らせです。
お客が中にいてもソバが売り切れたりしますと暖簾が下ろされます。

営業時間も営業日もそん時そん時みたいで、(ワタシは)ハッキリ言えません。
そのテキトーさ(笑)が、秘境と呼ばれる所以です。
たまたま通りかかった時にこうして「おっ!」と思って入るのです。


1412busyu003.jpg

壁に「価格表」が2枚貼り出されています。
2枚分の品数が有るわけでは無く、左の大きなのが普通盛、右のが大盛りの価格表。

1412busyu004.jpg


ね。小さい方が大盛りの価格表ww
メニューによって大盛りの上げ幅が違うので別に作っているみたいです。


1412busyu005.jpg

着丼。の少ない、というより殆ど無いスープですから、立ち上る湯気がハンパ無いです。



1412busyu006.jpg


「中華そば大盛 500円」
チャーシューが2枚、ちょっと恥ずかしそうにメンマ、そして申し訳程度のネギ。


1412busyu007.jpg

独特の、かん水がきつめの麺。
香りもちょっと変わってます。違和感を覚える人も多いみたいです。
ワタシは慣れましたので、美味しく感じます。



1412busyu008.jpg


激薄のチャーシュー。すべてにオリジナリティと歴史を感じる、昭和の一杯。

この日は、「30年ブリに来た!」と店のおばちゃんに言ってるテンションの上がったお客さんがいて、微笑ましく感じました


1412busyu009.jpg

中華そば 武州



仙台宮城県2つのブログランキングに参加しています。
どちらにもポチッと投票いただけると嬉しいです。。


 

    

皆さんの投票、いつもどうもありがとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
Re: 武州
ナニゲに南町通りからちょっと入ったトコだし、何よりノレンが掛った姿はレアですからねーww
2014/12/17(水) 05:31:46 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
武州
 15年ぶりぐらいに、武州の構えを見ました(汗)。それにしても、やはりいつもながら、驚く中華そばの価格です。
2014/12/16(火) 21:17:28 | URL | まいど #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。