仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年09月26日 (金) | 編集 |
1409ryoko2029.jpg

夜の宴会は、京都らしい、こじんまりした居酒屋で。。

1409ryoko2030.jpg

昼のバイキングの影響で、ナニゲに進まず・・・

1409ryoko2031.jpg

それでも〆のラーメン別腹なので無理しても探して行ったりして


1409ryoko2032.jpg

『京 つけめん つるかめ』
閉店間際に滑り込みセーフでした。。


1409ryoko2033.jpg

小さな店ですが、人気店の様で盛況でした。。

1409ryoko2034.jpg

「魚介醤油つけめん 770円」


1409ryoko2035.jpg

煮干しカツオ節のダシが利いた美味しいつけ麺でした。濃厚かつクリーミー






翌朝。前日の疲れが残る足を引きずりながら、早朝の京都駅前へ。。



1409ryoko3001.jpg

まだ朝の5時半ですww
京都駅前には有名なラーメン屋の本店が2軒、並んでいる、聖地のような場所が有るのです。。


1409ryoko3002.jpg

こちら「新福菜館 本店」。仙台の長町モールにも支店、出来ましたよね。
それと「末廣ラーメン」もココの流れをくむ店だそうです。
以前、京都に来た時はこちらへ入りました。。(懐かしい!2009年の記事こちら



1409ryoko3003.jpg

「ラーメン専門店 第一旭 本家」
朝5時からやっているというので、強行軍で出かけて来たのです。。


1409ryoko3004.jpg

朝からすごぃ活気!後光が差しているかのようなお姿ですww


1409ryoko3005.jpg

朝5時半ですから!んでも店内は満席 どーなってんのww


1409ryoko3006.jpg

ラーメンと餃子を注文。隣に餃子のタレを作ったの、写ってるでしょ。。。
結局、餃子は忘れられた模様で、帰るまで出て来ませんでした。まぁいいけど



1409ryoko3007.jpg

「ラーメン 700円」


1409ryoko3008.jpg

新福菜館のと基本は似た感じです。。こっちの方がライトな感じですかね。。


1409ryoko3009.jpg

麺は京都のラーメンらしい、素晴らしく美味しい麺でした



1409ryoko3010.jpg

朝っからパンチを喰らった感じ。大満足です



1409ryoko3011.jpg

帰る頃には外に行列がww



さて。2日目は自由行動。。
ワタシ達は3人でグループを結成し、京都⇒大阪のハードスケジュール。

ホテルの朝飯も食わずに(ラーメン食ったけどww)、朝7時半に出発しました。。

1409ryoko3012.jpg

まずは京都駅からバスで『鹿苑寺』へ。


1409ryoko3013.jpg

鹿苑寺は、京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺。
室町幕府の3代将軍 足利義満の山荘を、その死後に寺としたものだそうです。


1409ryoko3014.jpg

1994年に「古都京都の文化財」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。


1409ryoko3015.jpg

朝9時の開門待ちの行列に並びました。。

1409ryoko3016.jpg

入場券がお札になっていました。。コレは素敵です


1409ryoko3017.jpg

入り口を入ってすぐ。目的のモノが目に飛び込んできました







1409ryoko3018.jpg

「舎利殿(金閣)」
初めて見る実物の金閣。息をのむ美しさ。
この世のモノとは思えない感じ。ダリの芸術をちょっと思いました。。



1409ryoko3019.jpg

金閣は、昭和25年(1950年)に放火により焼失し、昭和30年(1955年)に再建されました。

三島由紀夫の小説も若いころに読んだことが有るので、感慨深い初対面でした。。。




仙台宮城県2つのブログランキングに参加しています。
どちらにもポチッと投票いただけると嬉しいです。。


 

    

皆さんの投票、いつもどうもありがとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。