仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年07月23日 (水) | 編集 |
1407sinobukoeji001.jpg

良い天気
仕事も一段落したので、愛車  でちょっと足を伸ばしました。愛宕橋の辺りです。


1407sinobukoeji002.jpg

お寺と一緒にあるコチラの社にノボリが立っていました。お祭りが有るのでしょうか。

1407sinobukoeji003.jpg

穏やかに流れる広瀬川。愛宕橋から上流には愛宕大橋が掛かっています。
こちらはほとんど車通りが無いのですが、すぐ隣のアノ橋はいつもレース場みたいな感じ。。


1407sinobukoeji004.jpg

下流には宮沢橋。アノ辺りは河原町。のどかで良いとこですね。


1407sinobukoeji005.jpg

愛宕橋を渡って来ました。この辺は越路。下町の風情が残る町並みです。


1407sinobukoeji006.jpg

『中華そば 志のぶ 越路支店』(地図


1407sinobukoeji007.jpg

サンダル履きで、腹巻をしたオッサンがブラッと入って来そうな(実際には居ませんww)昭和な風情。



1407sinobukoeji008.jpg

コンクリートの土間に年季の入ったテーブルが置いて有ります。
テーブルクロスが有るのと無いのと。。。


1407sinobukoeji009.jpg

パソコンで作ったメニューが置いてあるわけではなく、壁一面に貼り出された手作りのメニュー。
真ん中のホワイトボードには日替りの定食の副菜が記して有ります。。

1407sinobukoeji010.jpg

基本メニューは中華そばにワンタン、メンマ、チャーシューのトッピング。
麺類に150円増しで定食にしてくれます。


1407sinobukoeji011.jpg

冷し中華そば年中の提供です。本店と越路は通年、二十人町は季節限定。


1407sinobukoeji012.jpg

今日、ココへ来たくなったのは、自宅にこんな雑誌が置いてあったのを見たからなのです。
S-styleで発行した、宮城の美味しいものを特集したフリーペーパー。


1407sinobukoeji013.jpg

冷やし中華特集~♪


1407sinobukoeji014.jpg

青海苔が振ってあるこの写真を見て、おっ!一念発起ですww


1407sinobukoeji015.jpg

オヤジさんが接客・フロアー係り女将さんが調理という(ラーメン屋にしては)変わった分業の店です。。
今日は少し待ちました。10分ほど。


1407sinobukoeji016.jpg

「冷し中華そば(2玉) 700円」


1407sinobukoeji017.jpg

「仙台発祥の冷やし中華」と言われる全国メニューとは様相が違います。
シンプルにチャーシューとメンマが乗っており、さらにネギと紅生姜が添えて有ります。
ユニークなのは青海苔が振りかけてあるのと、グリンピースがチョコンと鎮座するところ。

麺の玉の数で値段とドンブリの大きさが変わる仕組みです。
ワタシは2玉でちょうど良いですね、3玉って注文したこと無いと記憶してます。


1407sinobukoeji018.jpg

純白に近い、美しいストレート麺。コキコキッとした歯応えの心地よい美味しい麺です。
連坊の「かんじ」の麺と似てるなと感じました。


1407sinobukoeji019.jpg

グリンピースはどーぃぅワケなんでしょうね。。
温かい中華そばにも乗っかってる、とぃぅか大抵スープの底に沈んでるのです。

1407sinobukoeji020.jpg

スープにはちょっと酢が入っており、連坊の本店の冷しとは大きく違います。
どっちも好きですワタシ

1407sinobukoeji021.jpg


1407sinobukoeji022.jpg

志のぶ 越路支店
定休日:日曜日



仙台宮城県2つのブログランキングに参加しています。
どちらにもポチッと投票いただけると嬉しいです。。


 

    

皆さんの投票、いつもどうもありがとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
まじっすか>おんのじ
昨日、まさに節の日だったのでツキイチの訪問をして来たのですが、値上げも中盛ボリュームダウンも気付きませんでした(~_~;)

消費税、老舗の店は対応に苦慮してるようですよね。
2014/07/25(金) 05:55:33 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
レトロ
この言葉は本当に、愛宕橋から見える宮沢橋であったり、志のぶ支店さんにあたはまるような感じもしますが。

消費税8%が導入されて、それでも中華そばが500円って、レトロぢゃなくて、チャレンジャーという称号を与えたいです。

月に1度のぶしの日を語るあのお店。中盛り550gが今や450gになって、通常メニューが一律50円アップ。

方や、消費税が上がろうとも中華そばを500円で提供する意気込み。

これはレトロじゃなく、チャレンジャー。
2014/07/24(木) 21:00:16 | URL | まいど #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。