仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年08月08日 (木) | 編集 |
1308koejisinobu001.jpg 

地下鉄愛宕橋駅あたりの交差点。こっから直進しますと、広瀬川にぶつかります。

1308koejisinobu002.jpg
 
愛宕橋。
この橋を渡ったテレビ塔の方の対岸は太白区、こっち側は若林区。



1308koejisinobu003.jpg 

橋を太白区側へ渡ったところに広がる、時代が昭和に戻ったかのような風景。



1308koejisinobu004.jpg 
『志のぶ支店(越路)』地図

大正12年(1923)創業
仙台市内に数店舗、本支店が現存する「志のぶ」ですが、連坊の本店も、二十人町の支店も改装したので、こぅした老舗然としてレトロな佇まいを残す志のぶはココだけになりました。




1308koejisinobu005.jpg 

ほぼ常連の客で、昼時は満席になります。知らぬ同士が小さなテーブルに相席する状態。
道路に面したところに厨房が有りますが、昔の家の台所もこんな感じでした。
中では女将さんがドッシリと調理専門。オヤジさんは接客専門です。



1308koejisinobu006.jpg 
土間に置いたテーブル席のほか、(民家を開放したような)奥の座敷にはテーブル席があります。
団体のお客はこっちがオススメ。


1308koejisinobu007.jpg 

メニューは壁に貼り出されてるのしか有りません。
麺類は150円増しで変わりご飯漬物がついた「定食」にする事が出来ます。


1308koejisinobu008.jpg 
ある意味この店の名物といえるのがコチラ。冷し中華
標準から3玉まで、サイズが選べます。


1308koejisinobu009.jpg 

テーブル上の調味料からも、レトロを感じます。ワタシはこーいうトコがホントに落ち着きますww



1308koejisinobu010.jpg 

「冷し中華そば(2玉) 700円」


1308koejisinobu011.jpg 

平皿では無く、深いドンブリに入って出てきます。標準サイズのは平皿に乗ってます。



1308koejisinobu012.jpg 
上に乗っかるのはシンプルに。
チャーシュー、メンマ、ネギ、紅生姜、そしてココのこだわり(?)グリンピース
上にパラパラッと青海苔が振り掛けて有りマス。
グリーンピースは温かいラーメンにも乗っかります。


1308koejisinobu013.jpg 

白くて細い直麺。細いですがナカナカ腰が有りマス。



1308koejisinobu014.jpg 
スープはが入ったタイプ。飲むにはちょっと厳しい感じです。




1308koejisinobu015.jpg 

脂身の少ない部位を使ったチャーシュー。
ゴツゴツした食感、これもまたレトロな懐かしい食べ応え。


ワタシが食べてる間にも、常連客がドンドン押し寄せて、ワタシが食べ終わって席が空くのを待っています(笑)
早々に退散ですねwwごちそうさまでした



1308koejisinobu016.jpg 


志のぶ支店 (越路)

駐車場は2箇所有りマス。路駐は厳禁とのコトです。。


仙台宮城県のブログランキングに参加しています。ポチッと一票お願いします。。



 
   

皆さんの投票、いつもどうもありがとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。