FC2ブログ
仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
2012年04月24日 (火) | 編集 |
龍泉院の前を通るとき、地蔵さんが立っているのに気付きました。


1204ryusenin001.jpg 
震災で倒れた地蔵さん、1年以上も境内に横になっていましたが、ようやく復帰(復「起」か)。
台座も新しくしてもらって、前掛けも綺麗なのに替えてもらったようです。良かったです
(倒れた六地蔵の記事はコチラ

お地蔵さんは子供の霊を守ってくれるとされていたそうで、亡くなった子供の着けていた前掛けを地蔵さんにかけて、「うちの子供の霊を守ってください」と願ったんだそうです。


1204ryusenin002.jpg
天気も良いので、新寺通りに建つ正門へまわってみました。

1204ryusenin003.jpg 
曹洞宗 円通山 龍泉寺

奥州藤原秀衡の創建ともいわれる歴史を持つ古いお寺です。
元は旧仙台城大手門の下(現仙台国際センター付近)にあったのが、慶長7年(1602)、仙台城築城でここに移されました。



1204ryusenin004.jpg
小さい庭園がつくってあって、春の花々が咲きだしています。空の青とのコントラストが見事です。


1204ryusenin005.jpg
立派な本堂。意外と新しい建物ですよね。
布袋さんが傍らに立っています。布袋さんは弥勒(菩薩)の化身だとされている神様。




1204ryusenin006.jpg
重厚な透かし彫り。


1204ryusenin007.jpg
門の外の六地蔵は、元々はこのお寺と関係は無く、明治時代に鉄道を建設するのに伴って北目町通交差点付近から移設されたもの。
縁あって龍泉院に移って来て、境内にあるこの地蔵さんとお友達になったのですね。


1204ryusenin008.jpg
どうぞこれからも、子供たちをお守りください♪





宮城県人気ブログランキング参戦しています!
皆さんの投票、どうぞポチッ!とお願いします♪♪



宮城県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
熊ちゃんさんへ
仙台駅東口、新寺や連坊などは、伊達の殿様が計画的に街並みを構築するなかで、お城から見て鬼門であった方向に、お寺さんを集めました。
殿様のおかげで、都心とは思えないような自然が、今でもしっかり残されているところが多いです。
お昼を食べ歩く片手間に、そんなお寺さんたちを訪れて、ここで紹介させてもらっています。
2012/04/25(水) 06:39:18 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
お寺
しかしよく考えたら、仙台東口の榴ヶ岡から新寺通りって、寺院多いっすね

この地はよく通りますが、パンダさんの記事で気になって気になって仕方有りません(笑)

でも入る勇気はありません・・・・
2012/04/24(火) 22:41:23 | URL | 熊ちゃん #GumGoVx.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック