FC2ブログ
仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
2012年03月25日 (日) | 編集 |
毎日、昼の弁当を持たされていないので、小遣いの範囲でチマチマとランチを食い歩いているワタシ。
ですが、休みの日に家族で行くトコロとなるとまた次元の違うハナシ。

店主が子供嫌いだったり(支那そばやとか)、カウンターしか無かったり二郎とか)、すごい行列だったり(二郎とかww)と店側の事情も有りマスし。
子供が食べられるメニューかどうか(二郎系とか)、あと値段が高いのも家族分だとアレです。(←結構重要

そもそも休日にやってるかっつーのも大事(っーか基本だろww)(味の横綱とか)


そんなワタシが休日に愛用してるのが
1203korakuen001.jpg
幸楽苑(HPはコチラ
いろんな要素をクリアして余りあるありがたい庶民の味方です。
そんな庶民に支持されて、現在の店舗数は468店、従業員数は1,222人(2012年1月末現在)。


1203korakuen002.jpg

1203korakuen003.jpg 
レギュラーメニューだけでもかなり選択肢が有るので、しょっちゅう来ても飽きないですね。
ワタシはいっつも食べるの偏ってますケド


1203korakuen004.jpg 

このブログを始めた頃には幼稚園だったこぱんだも、この春からは小学3年生。
あんなに愛用してたお子様メニューも、照れる年頃かモノ足りないか。イヤだそうです。
兄に対抗して「もっと食べられる」と強気なメニューを選びます。

1203korakuen005.jpg 
グランドメニューに面白そうなピンク色が挟んであるのを発見しました
春の限定メニューですって



1203korakuen006.jpg 
海老と春筍の塩らーめん
エビ好きなのでメッチャ気になります!

1203korakuen007.jpg 
んでコッチも春の限定!塩つけめんだって。
一般的につけ麺は麺量が多い店が多いことを意識してか、麺が増量してあります。
割りスープまで付いて、おもしろそーです




1203korakuen008.jpg

1203korakuen009.jpg 
5人家族の頼んだものが一気に運ばれてきて、収拾つかないほどです(笑)
誰の頼んだ何なのか、分からなくなりました


1203korakuen010.jpg 

多分、嫁さんに向こうに運ばれたギョーザは、ワタシが頼んだセットの一部です。
勇気を持って回収します(笑)

1203korakuen011.jpg
『塩つけめん ギョーザセット 798円』

なんだかんだ言ってもコレで800円。
304円の中華そばだけ食べて帰るワケでは無いですから、家族で行って調子に乗って注文すれば結局この位の金額です。
やはりこの店は儲かる構造ですね。。


1203korakuen012.jpg 

可愛らしい入れ物が添えてありマス。コレに割りスープが入っています。

1203korakuen013.jpg
 
春らしいと思って食べればナルホド、春っぽいと感じる単純なワタシ


1203korakuen014.jpg

1203korakuen015.jpg 
皆さんも今日辺りは、家族で幸楽苑へ行ってを味わってみてはイカガでしょぅか


1203korakuen016.jpg





宮城県人気ブログランキング参戦しています!
皆さんの投票、どうぞポチッ!とお願いします♪♪



宮城県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
kaoさんへ
kaoさん

タマには良いもんです、幸楽苑。
誰かと一緒なら良いけど、1人とかでは入りにくいですね。
震災の時、真っ先に営業してくれた幸楽苑で、ラーメン2つ並べて食べたとき、ありがたくて泣けてきました。
少し前の思い出みたいで不思議な気持ちです。

ヨドバシってどこの駅前も同じようなビル建てますよね。仙台らしくデザインすりゃ良いのに(-_-;)
2012/03/26(月) 14:33:20 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
No title
5年以上行ってませんでした。
(子供たちが居た頃は行ってました)
色んなメニュー出来てるんですね。
何だか久しぶりに行ってみたくなりました。

ヨドバシのニュース記事読んでもよく分からんかったんですが
パンダさんの記事で理解できました。
景気良いですよね~。
あっという間に出来ててビックリしました。
2012/03/25(日) 18:35:13 | URL | kao #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック