仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年02月05日 (日) | 編集 |
1202wakojinjya001.jpg 
先日、プラッと迷い込んだ鉄砲町の再開発地域。
空き地が有ったり、立派な戸建てが有ったりマンションが有ったり有料駐車場だったりと、混沌としています。
仙台駅から近いことも有り、どういった街造りをしていくのか。コレからの町並みを想像するのは難しい感じ。


1202wakojinjya002.jpg
そんな未完成の街中に、ポツンと置かれたように神社が建っていました。

1202wakojinjya003.jpg
冬晴れの中、なかなか立派な鳥居が映えます。まだ新しいようですね。

1202wakojinjya004.jpg
和光神社
この門柱は陸軍少尉の方の筆跡ですって。昔からある神社なのですね。


帰って調べてみると、ココからほど近い場所に有ったのが、移転したのだと分かりました。

以前はこんな趣ある風情だったそうです。。

tep_wakojinja.jpg 
※ この写真は、
仙台のステキな街並み写真がいっぱいの『仙台街並み写真』コチラ)サイト
から借用しています。

和光神社は、元和2年(1616年)、鉄砲町の足軽たちが大阪夏の陣に戦功をあげて凱旋した後に勧請し、町内の守り神とした神社だそうです。
当初は和光明神と呼ばれていましたが、明治維新後に和光神社と改められました。




1202wakojinjya005.jpg
江戸時代から続く由緒ある神社だったのですね。。
この社殿はそのまま移築されたのでしょうか、でも木材が新しいから部分的に使われてるのでしょうか。

1202wakojinjya006.jpg
社務所。この神社の規模からは立派過ぎる感じですが、人が常駐してるのでしょうか。。


1202wakojinjya007.jpg

1202wakojinjya008.jpg 
人がまったくいない場所にじっと立つ石碑。
江戸時代からこの辺の街並みや行き交う人たちを見つめて来た石碑たちですが、複雑な心境でしょうね。


1202wakojinjya009.jpg
石灯籠が震災で倒れてしまったのですね。
神社がこの場所へ移転したのは2010年のようですが、新しいお墓やこぅいった石の建造物は、耐震面も考慮すべきですね。

1202wakojinjya010.jpg
神社に有るべき鬱蒼とした緑の木々が全く無いのが、寂しさを募らせる風情の一因か。
まぁ街全体が寂しいケド。。。。


1202wakojinjya011.jpg


宮城県人気ブログランキング新規参戦しました!
皆さんの投票、どうぞポチッ!とお願いします♪♪



宮城県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。