仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年12月22日 (木) | 編集 |
他の方のブログみたいでアレですが(笑)
1112keroben.jpg 
こぱんだにせがまれて、嫁さんが珍しくキャラ弁(キャラクター弁当)を製造したので記念に載っけておきます。
ケロロ軍曹のキャラ弁で『ケロ弁』というのだそうです。。imagesCANNLVQW.jpg
見かけが似てるかどうかはさておき、なんか食材が地味な気がします。笹かまとか(笑)

嫁さん前日から準備した甲斐あって、こぱんだは喜んで学校へ持って行きました
お母さんは幸せな商売です。



1112yosibuta001.jpg 
先日来た時には改装中だった、初恋通りにある『吉野家 仙台駅東口店』へ。


1112yosibuta002.jpg 
なんということでしょう。
店の色であるオレンジを基調にしつつ、を大胆に取り入れたデザイン。(ビフォーアフター風ww)
外装がシャープ精悍な感じになりました。精悍な牛丼屋って意味分かんねーケド(笑)

1112yosibuta003.jpg
内装も思い切って変えました。
ココの店は個人客よりグループ家族連れが多いと見たのか、カウンターだった席がテーブル席に変わりました。



1112yosibuta004.jpg
さて。懸案だった吉野家の新発売の豚丼、めでたく今日は初対面出来ます

1112yosibuta005.jpg
『焼味豚丼(並) 380円』


1112yosibuta006.jpg
けっこうな枚数の豚バラ肉の照り焼き風焼き肉が乗っています。
付け合せはキャベツの千切りかと思ってましたが、マヨネーズで和えたコールスローサラダです。

1112yosibuta007.jpg

吉野家の豚丼は「十勝仕立て」と表記して有ります。

帯広系豚丼は、豚肉を砂糖醤油などで味付けした甘辛いタレで焼いてものを飯の上に載せた丼物である。
主に道東で広く食されている。(Wikipediaより)

前回紹介した「ぼんてん酒場」帯広風豚丼と比べ、大きく違うのは豚肉の厚さです。
北海道の地理に詳しくない(どこの地理もだべww)のですが、帯広風と十勝風じゃこうも違うのかな。
 



1112yosibuta008.jpg 
甘辛いタレはご飯にも回し掛けて有ります。
ナカナカご飯と相性も良くて美味しいのですが、ちょっと掛け過ぎた様です
始めたばかりで、まだ改良されていくんでしょうかね。

ごちそうさま


1112yosibuta000.jpg 

吉野家 仙台駅東口店



仙台ブログランキングに参加しています。ポチッと一票お願いします。。
 

いつもどうもありがとうございます!!


FC2ランキングの方もどうぞ投票お願いします♪

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
きっせっみっせ なっしゅっりん さんへ
いいなぁ帯広の本場の豚丼、北海道はなんでも大きいらしいので、巨大なドンブリを想像しちゃいます(笑)
こーいったドンブリであれば、特別なレシピや調理器具が必要でも無いので、小さな喫茶店とかでも出せそうですもんね。

牛丼屋さん、声を張り上げる感じなので、角刈りでも勤まりそうですねww「へぃらっしゃい!」とか。。
2011/12/24(土) 06:05:36 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
風写兄さんへ
返事遅れてごめんなさい♪
パンダ、東北地方に一箇所くらいいても良いかもですね。あんまり増えても珍しくなくなっちゃうからね(笑)
でも、来たら来たで八木山渋滞とか発生しそうですね。
2011/12/24(土) 05:56:43 | URL | ぱんだ(親) #-[ 編集]
精悍な牛丼屋!
店員さん、全員揃って角刈りでキメてるのかしら?(笑)

1回だけ帯広に行った時に有名店で食べたことがありましたが、道東方面を走ってても、小さな喫茶店なんかでもメニューに結構あった記憶がありました。
2011/12/23(金) 01:24:12 | URL | きっせっみっせ なっしゅっりん #sgu4BJ6U[ 編集]
モノホン
こんにちは

ちょっと記事とは関係ないけど、ついに八木山に本物が来ることになりそうですね。

いろいろ便乗商品も出るでしょうね。
パンダグッズ。
2011/12/22(木) 12:33:52 | URL | 風写 #ssipyxQM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。