FC2ブログ
仙台市宮城野区付近から、なんてことも無い日常を綴ります。 食べること、飲むこと、生活することが大好きです。
| Login |
2013年01月14日 (月) | 編集 |
1301busyu001.jpg
仙台駅から仙台朝市を歩き、終点を右に。
南町通り泰陽楼の裏に小さな中華そば屋さんが有ります。

1301busyu002.jpg
「中華そば 武州」(地図
昼のホンのわずかな時間しかやっていませんし、定休日もよく分かりません。
まぁ不定休なのかな。まぼろしのような不思議な店です。


1301busyu003.jpg
小さな店ですし、特徴のあるメニューでも有りますので、複数で訪れるお客はあまりいないです。
大抵は1人客。なのに客席は4人掛けのテーブルが並んでいます。
相席が基本ですが、混んで来る前はこんな風に妙な光景。。

老舗同士の付き合いがあるのか、壁に掛けられた招き猫の祝額は、連坊の志のぶ本店から贈られたもの。


1301busyu004.jpg
壁にはメニューが2種類張り出されています。左が普通盛り、右が大盛りの値段表。
何度も来ていますが、食べるメニューが偏っていて、まだ未食のメニューが有りますので今日はそちらを。。

1301busyu005.jpg 
「焼そば 550円」
失礼ながら素人っぽぃ盛り付けですね(笑)
ちなみに上の方に写っている黒っぽい円筒は墨汁じゃなく、焼そば用のウスターソースです。


1301busyu006.jpg
焼そばの野菜は白菜の芯のトコとか、ニンジン、玉ネギ、モヤシなど。
不思議に軟骨っぽぃ固い部分の有る豚肉も入っています。

1301busyu007.jpg
一般的な焼そばに比べ、ベチャッとした麺の仕上がりとなっています。
焼きながらの水分の加減によるものですね。味付けは多分、ソースだけでは無いでしょうか。
美味しいって感じでは無いです(爆)
まぁ手前味噌的でスミマセンが、コレですとワタシが作ったのの方がアレです


ワタシは体験したこと無いのですが、昔、駄菓子屋みたぃなトコで焼そばが食べられたそうですよね。
故郷の石巻には既に無くなっちゃっていましたが。
コレってそんな感じの焼そばかなぁ、って、勝手に思い込んでいます。
ノスタルジーに浸るお客さん用の、レアなメニューなのかも知れません。



1301busyu008.jpg

中華そば 武州
昼のみ営業 まぼろしの店





仙台ブログランキングに参加しています。ポチッと一票お願いします。。

いつもどうもありがとうございます!!





宮城県人気ブログランキング参戦しています!
皆さんの投票、いつもどうもありがとぅございます!♪♪



宮城県 ブログランキングへ

スポンサーサイト